桜、さくらの春到来!

2017年4月3日 15時27分 | カテゴリー: 活動報告

まつり桜土曜日までの冷え込みは嘘のような春らしい天候の中、昨日は狛江の桜まつりが開催されました。たくさんの人でにぎわいましたが、車いすの人やベビーカーの子ども連れの人も見かけ、一定のバリアフリーも保障されて安心して移動できるスペースがあったように思いました。ただ、桜はまだつぼみばかりで少し残念な感は否めませんでしたが、今週の小中学校の入学式は桜満開が期待できますね。

7日の夜に日本ペンクラブ(浅田次郎会長)が「共謀罪は私たちの表現を奪う」という抗議集会を開くそうです。会長をはじめ作家の雨宮処凛さん、漫画家のちばてつやさん、映画監督の森達也さん等が発言するとのこと。ペンクラブは2月にを声明出し、「共謀罪によってあなたの生活は監視され、あなたがテロリストに仕立てられる。人の心の中に手を突っ込み、憲法で絶対的に保障されている『内心の自由(思想信条の自由)を侵害するものにはほからない」と指摘しました。

憲法については子どもにも手に取りやすいようにいわさきちひろさんの絵と井上ひさしさんの文章の絵本や赤塚不二夫さんのまんが風なものなども出版されています。今、国は何をめざし何を大切にしているのか、しっかりを見極めなければなりません。桜も解釈によっては意味が変わってしまいます。武器、ましてや核兵器などとんでもない。福島第一原発の問題は何も解決も収束もしていないこと、日本という狭い島国に50基近くの原発があることを忘れてはなりません。