狛江市での議会改革の現状について

2016年7月19日 18時10分 | カテゴリー: 活動報告

議会改革を議会運営委員会ですすめています。先日は「陳情者の意見陳述」や「政務活動費明細書」について一定の結論が出ました。

陳情者の意見陳述はまず、陳情を受理した時に提出者に意見陳述ができることを議会事務局が説明し、希望者はだれでも意見は述べられます。ルールとしては委員会審査中に意見陳述を行い議事録に内容が掲載されます。説明者は3人以内とし、時間制限は10分以内、質疑応答はなしとしました。このような原則作りも、議論を重ねやっとたどり着いたといった感じですが、運用していく中でルールの変更もやっていくことも合意を取りました。議会はいろんな考えの合体ですから、何を始めるにしても、一歩を進めるのはたいへんです。

このところの数年で、狛江市議会は市民に開かれた議会と何をやっているのかわかりやすい議会をめざして、市議会報の紙面改善やインターネット中継と録画配信、予算決算委員会を議員全員で審議するなどの議会改革に取り組み、実現してきました。今後も市民の力強い後押しをお願いします!2七夕