やっぱり石けん、を実感!!

2016年5月28日 16時08分 | カテゴリー: 活動報告

しゃぼん玉議会が6月19日投票の市長選挙のために繰り上がりました。4日間の一般質問の最終日、私は5月24日火曜の21人目の最後の質問者となりました。なにかと慌ただしい日程に追われて、不覚にも19日には頭痛と発熱に見舞われました。いつも体調不良にはハラハラします。どうにかもってほしいと祈るとか念じるとかで9年間、公務は一度も休まず果たして来れましたが、危機一髪ということも少なからずあり、代わりがきかない怖さと責任を感じています。

5月13日、2016シャボン玉フォーラムIN東京「東京発!石けんで水の惑星地球を救え!」が日暮里で開催され、参加しました。基調講演は2つ。「化学物質による海の汚染~合成洗剤、環境ホルモン、プラスチックと私たちの暮らし」は東京農工大の高田秀重さん。「限りある地球上の水~100年後の水を守る」は水ジャーナリストの橋本淳司さん。

久しぶりにせっけん運動の大切さに触れ、また、巷にいい顔して大手を振ってのさばっている合成洗剤は人体にも環境にも有害なんだと思い知りました。独身時代からせっけん生活をしていたし、子どももせっけんで育ててきました。ひとり暮らしをしている息子には自宅にあふれる市販のシャンプーや歯磨き粉、消臭剤などいやだなと思いつつ、遠慮して言えなかったけど、勇気を出して未来のために、石けんにしてと言ってみようとおもいました。