愛しの若松孝二監督の生誕80年祭!!

2016年3月22日 14時23分 | カテゴリー: 活動報告, 環境

市民の陳情によりようやく全員参加の予算・決算特別委員会が実現しました。議員一人の持ち時間は1時間。市民からの様々な提案をいかに説得力を持って提案できるかが問われます。2人で2時間の生活者ネットワーク枠をきちんと使い切ることができてほっとしました。

市民の陳情によりようやく全員参加の予算・決算特別委員会が実現しました。議員一人の持ち時間は1時間。市民からの様々な提案をいかに説得力を持って提案できるかが問われます。2人で2時間の生活者ネットワーク枠をきちんと使い切ることができてほっとしました。

先週の予算特別委員会は15,16,17日の3日ですべての審議を終了しました。私たち生活者ネットでは市長の方針である財政規律の遵守、待機児対策や安心安全の取り組みにおけるスピード感ある施策の実行力を評価しました。

さて、不動産王トランプ氏がアメリカ大統領選の共和党候補となる可能性が高まっているといいます。勘弁して!!ハリウッド俳優の大統領を生み出したアメリカ、『でも毒舌資産家は100害あっても利=理はない』と国民の品位を見せてほしいものです。世界各国のただならぬ影響を与える国だとの自覚が求められています。ぶれない、わかりやすいと豪快に笑って納得する前に女々しいようでも「考える葦」にならなければと自分を戒めて、決して自分や自分の後の世代に唾を吐くような決断だけは避けなければいけない、とのお願いです。

4月1日は2012年に亡くなった若松孝二さんの生誕80年。監督・プロデュースした映画25本を上映し豪華ゲストが語り合うイベントが3月26日~4月8日にポレポレ東中野で開かれると聞き、心踊りました!題材の着目の視点、掘り下げ方、内容の鋭さ、深さ、映像の美しさ、役者の配役、その演技の切迫感とリアリティー。どれをとっても言うことなしの映画です。各トークのホストは若松組後期の常連俳優大西信満(しま)。初日は鏡開きをして観客と乾杯、監督の盟友や後輩が集結。「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」上映後は坂井真紀らが登場するそうです。、宮台真司、内田裕也、井浦新さんなど魅力ある人たちの名前があり、誘われてしまいます。若松監督が今生きていたら何を思い、どんな映画を作ってくれただろう・・・としんみりしてしまいます。