7月は「シャボン玉月間」です!

2015年7月28日 19時10分 | カテゴリー: 活動報告

 

市民とともに市長面談

本当に暑い日が続きます。日中は息苦しい、夜は寝苦しい・・・。我が家の扇風機は回り続け、窓と玄関ドアはいつも空きっぱなし。エアコンを時々つけてますが、ずっとつけることには抵抗があります。つけないといられなくなるのでは?と心配になるし、室外機からの熱風?!で外気はアスファルト舗装と相まってより暑くなるのが私のささやかなる加害者意識を増幅するから。扇風機やエアコンに当たりすぎると頭や痛くなり体がだるくなり自分のものとは思えなくなります。鼻の中が乾き、喉もひりひりして体調がくるってしまう。だけど、何にもなしには過ごせない。我が家はたまたま、風が抜けやすいし、人目を気にせず窓と玄関ドアを開けておけるので助かっていますが、どの家もそういうわけにはいかないし、そうしたくない人も多いでしょう・・・。地球の温暖化、恐ろしく悩ましい問題です。

さて、洗濯。1日何度もしたくなるし、してしまう季節です。毎年7月は「シャボン玉月間」で、今年のスローガンは「求む!せっけん生活人~水は循環しています~」が公募により選ばれたそうです。合成洗剤ではなく、水環境により負荷をかけない石けん使用を推進するために、各自治体の首長からメッセージをもらっていて、今年も狛江市長からもいただきました。せっけん利用の人口はとても少ない。だけど、スーパーやドラッグストアにも、結構目立つところに「いいもの」として並べてあるように思います。まずはせっけんと合成洗剤の違いについて知ってもらうことが大切ですね。

そして、先日14日に市長に数人の市民とともに直接会う機会をいただき、せっけん運動への理解を深め、公共施設への利用を広げる提案をしてきました。成果はすぐに見えなくてもやめたら終わり、こつこつと『継続は力』と信じて活動を続けています。