東野川保育園「みんなの家」の内覧会に行ってきました。

2014年11月26日 18時22分 | カテゴリー: 活動報告

冷たい雨が続いています。今日は12月1日に新しく開園する認可保育園の見学に行きました。場所は東野川4丁目。野川、喜多見ふれあい広場や狛江ハイタウン、4中や5小の近くで、竹林もあり、閑静な住宅地の一角にあります。木造2階建てで、室内は子ども目線の工夫がされています。授乳を指導する部屋も設けられていました。核家族化によって赤ちゃんに初めて接する親も多いと聞きます。ちょっとした支援や気配りが子育ての苦しさから保護者を救うのでしょう。

代表理事や保育士の方とお話しできました。ひとりひとりの子どもの個性や成長を大切にていねいな保育をしていく決意を感じ、心強く思いました。また、異年齢の子どもたちが日常的に交流できるように部屋を仕切らないと教えてくれました。子どもがのびのび遊べてかつ安全なように特注の扉を設置していたり、長年の保育経験を駆使した可愛らしい園でした。

今は012歳の待機児童が多くて、その対応に追われています。この傾向はまだ続きそうですが、多様な保育が狛江市でも広がり、保育施設の設備や保育の方法なども市内で保育ママも含めた事業者や行政が気軽に情報交換の機会を持ち、風通しの良い関係の中で子どもに寄り添った保育環境をつくり、相乗効果でよりよくなっていくといいと思っています。