イベントいっぱいの秋のはじまり、はじまり

2013年10月4日 18時12分 | カテゴリー: 活動報告

すっかり涼しくなり、今日は寒いくらいです。

狛江市議会では先月27日に決算特別委員会が終わり、あとは8日の最終日残すのみです。今年はネットが「予算に決算を反映するには10月では遅すぎる」と指摘してきたことが実り(?)、9月議会中に決算審議を行いました。やっと他の自治体に並びました(*_*;

9月22日は東京シューレで作成したDVD「不登校なう」の上映会としゃべり場を狛江の中央公民館で開催しました。狛江で子どもに関わる活動をする団体、こまえチャイルドライン、フリースクールこぴえ、不登校児の親の会(OYAOYAの会)、プレーパークをつくる会が共催しました。シューレからもスタッフとDVD「不登校なう」をつくった本人たちが来てくれました。児童館や公民館、市役所などに声掛けをしちらしを渡したのが大成功か、児童青少年課や市議会議員を含め、30人ほどの参加がありました。行政からは教育関係の参加はなく無関心が露呈、残念至極。

DVDは子どもたちがいじめ、不登校、ひきこもりといった状況になった理由がリアルに描かれています。子どもたち口から直接本音が聞きたい、そんな親や支援者たちにはありがたい映画です。後半のトークでは、なごやかな雰囲気の中、とてもよい交流ができました。今は一児の母という女性は弟が不登校で噂をされ居心地が悪かった、私立の教員だった女性が学生時代の友人の論文のテーマが東京シューレでずっと気になっていた、などいろいろなきっかけです。障害のある人もない人も一緒に過ごす放課後デイえるぶのスタッフは4人で参加。「おとなも子どもと一緒に成長してほしい。だっておとなが完成しているというわけではないから」というシューレのOGのことばにはっとさせられました。自分の意見を自分のことばで表現できることってすばらしい!!

30人近くの参加がありました。