2013年、あけましておめでとうございます!

2013年1月6日 17時33分 | カテゴリー: 活動報告

・・・とは言ってはみたものの、今日の夜は松納め。年末からしめ飾りと鏡もちのセッティング、大掃除、おせち作り、年始めにはお屠蘇や雑煮、祝箸、正月の花、初詣など日本の睦月の行事を順調にこなしました。(年賀状以外は!)今日は正月定番のお煮しめやブリの照り焼き、なます、松前漬、伊達巻などおせちの残りを入れた五目寿司。そして、明日の朝は七草がゆ。この1年がみなさんにとってよい年となりますように。

今日は朝も午後も多摩川周辺に行きました。晴天とはいえないのに朝も午後も富士山が美しく見えました。多摩川というオープンエアーでは人々が晴れやかで穏やかに思い思いに過ごしています。凧あげ、草すべり、ウォーキング、ジョギング、犬の散歩やドッグラン、トランペットの練習、キャッチボールやボールけり、釣り。みんなそれぞれなのにしっくりきた景色として多摩川に馴染んでいます。これぞ自然のなせる技。

森雅子少子化担当相は福島の子どもたちが運動不足で肥満傾向にあるという文科省調査の報告を受け、室内遊戯場を増やすことを政府に要望するらしい。冗談じゃない!本当にやらなければならないのは子どもたちが以前のように外でおもいっきり遊べる環境に戻すこと。そのために除染をすること。それができないなら、子どもたちが安心して以前のように暮らせる場所に避難させること。放射能はしぶとい、人間の歯の立つ相手ではない。逃げたって逃げ切れない。子どもを本気で守れ!日本人は謙虚に持続可能な地球環境をめざさなければなりません。その方向に異議ある人、だぁれ?

足尾鉱山の鉱毒事件を追及し明治天皇に直訴を試みた田中正造は国会議員になっても辞めた後も「予は下野の百姓なり」という信念を曲げることはありませんでした。折りしも今年は田中正造没後100年。「真の文明は山を荒らさず川を荒らさず村を破らず人を殺さざるべし」という言葉を心に止め、あらゆる時に思い起こそうと思います。