町田のおがくずトイレを視察しました

2012年7月6日 14時54分 | カテゴリー: 活動報告

蒸し暑さに負けない体調管理はサワードリンクで!!

 7月2日、チリチリするほど暑い昼下がり。となりのトトロを連想させるここは東京?と疑いたくなるくらいのどかな町田市の一角。おがくずのバイオトイレの視察に行ってきました。
 このトイレは北部丘陵にある小野路地域の研修農場内につくられています。散策などで訪れる人たちや研修農場の受講者が利用するために設置したとのこと。公共下水道が未整備な地域であることで自然環境に負荷のないバイオトイレになったそうです。おがくずをし尿に染み込ませスクリューで撹拌し、おがくずを広げ水分を蒸発させることでし尿の全体量95%以上が消滅するそうです。また固形物は大部分が有機物なのでおがくずに生息している微生物が水と二酸化炭素に分解し消滅するというわけです。
 もともとURの区画整理の計画されていた土地であったのが小泉政権で政策が変更になりました。住宅地とならず丘陵として残すことになったことで「資源としての有効活用」の一環として就農を目的とした研修農場ができたそうです。東京も緑を守り都市農家を育成して、低すぎる自給率をアップする取り組みがもっと広がるようにと思います。

いろんなサワードリンクが簡単にできますよ!柑橘系の果物でちょっともう生ではおいしくなさそうでも使えます!柑橘フルーツ1個、純りんご酢300ml、ビートグラニュー糖250g。ビンに5日くらい漬けてから飲めますよ。黒酢とレーズンと砂糖、生姜と酢とメープルシロップという組み合わせもおいしくてよいですね。