色とりどりのあじさいがとてもきれいな6月も今日で終わり。

2012年6月30日 18時07分 | カテゴリー: 活動報告

おくればせながら議会報告をいたします!

 市長と市議会議員補欠選挙のため6月15日が最終日だった狛江の6月議会。私は3問の一般質問をしました。発達障害など支援の必要な子どもたちへのニーズに応じた政策の展開を要望。また、埼玉県坂戸市の視察を参考に地域活性と市民参加の視点の食育事業を提案し、放射能の測定などの強化と独自体制の構築を再度要望。狛江のごみの中間処理施設での事故や不祥事に管理者としての自覚を求め、市民の健康・環境・安全に配慮したごみ対策の徹底を要望しました。
 議案については安心で安全なまちづくり基本条例はだれが主体となって担っていくのか、新しい市民の積極的な参加をどう促すのかが課題となることを指摘しました。社会常任委員会に付託され継続審議となっていた「こころの健康を守り推進する基本法」の法制化を求める陳情は意見書として提案され全員一致の採択となりました。
 追加議案としては狛江市庁舎の耐震改修と増築工事の請負契約と市立駒井保育園改築工事の請負契約が提案されました。落札率は80%〜85%。そのうち1件は2社のみの入札となり、指名競争入札としたとのこと。多額の税金が投入される公共事業が適切に使われるためには建設物の質は確かなものか、入札の透明性を図ることが大切です。行政のあらゆる場面で誰にでもわかる化、見える化が求められます。
 今後も市民に開かれた議会をめざし、市民の皆さんの意見をもとに活動をしていきます。