3月議会が始まりました。

2012年2月23日 18時53分 | カテゴリー: 活動報告

毎日寒い日が続き、インフルエンザも流行っているようです

 乾燥し冷え込む日が続き、狛江の公立学校でも学年や学級閉鎖やあるようです。我が家は寒さ暑さに強く(半世紀を過ぎた親は別ですが)特に長男は雪が降っても風が冷たくても半そでTシャツ、パーカー、ひざが隠れる丈のズボンという格好で平気な顔で風邪ひとつひきません。寝るときも半そでTシャツで毛布1枚かけるだけ!!冬はハイネックばかり着ている私は手足の冷えこそないものの寒さには弱いから、いつも摩訶不思議!同じ環境に暮らしてほぼ同じものを食べてるのに個人差って計り知れないですね〜。
 先日子どもの権利フォーラム「子どもの貧困克服のための自治体施策」の参加しました。八王子と世田谷の職員が取り組みを話してくれました。生活保護家庭が負の連鎖に陥らないように希望する子どもたちの勉強を教える、ひとり親家庭の困難を取り除くための支援として在宅での就労を進めるなどの報告がされました。
 その中で東京都の受験生チャレンジ支援貸付事業が狛江では周知が足りないことがわかりました。これは一定所得以下の世帯の中学3年・高校3年生を対象に学習塾などの費用や受験費用について無利子で貸付し、高校。大学等に入学したときは返済が免除されるというものです。自治体によって利用状況にばらつきがあり狛江市は22年度37件でした。
 そして子どもがいくらきちんと食べ着て学校に行っていても、意見を言ったり、遊んだり休んだりすることが大人(親)に決められてしまっているなら、子どもの権利が守られていないことになることを認識したいと思います。