3月議会が始まりました✿

2011年2月27日 22時21分 | カテゴリー: 活動報告

花粉に押しまくられつらい日々のスタートでもありますㆀ

右から筆宝さん、吉野、岡本さん。桜の木の前で
右から筆宝さん、吉野、岡本さん。桜の木の前で
 去る2月23日議会初日。補正予算などが提案され主に「市民生活に光を注ぐ交付金」の使い道や国民健康保険税の算定ミスにより5億5000万円という多額の精算が発生し、一般会計からなんと3億円以上が繰り出されました。こういった重要な案件について質問をしたのは私とわずか数人の議員だけ。議論も審議もしないで手の上げ下げだけに参加することを議員の役割りだとでもいうのか?!
 さて昨日は『地域にこだわって!市民のつどい』を開催しました。パネリストに常設プレーパークを狛江につくろうと元気に活動している岡本さん、在宅医療の地域ケアシステムを狛江につくりたいと世田谷で看護師としてハードに働く筆宝さんを迎えまちづくりトークをしました。まさに生活者ネットワークが長年求めていた主体となる市民と出会い、実現のための一歩を踏み出した感動のイベントとなりました。そして、ネットの運営メンバーでソプラノ歌手である鈴木さんによる美しい歌が披露され、ネットの支援者の方たちのプロ級の腕前の何種類もの手づくり焼き菓子がカンパとボランティアの地域政党を映し出していました。参加した50名ほどの方々はピンクの桜の花びらの折り紙にどんな狛江に住みたいかなどメッセージを書き、模造紙に描かれた優しくたくましい桜の木にその花びらが貼られ満開に咲きました✿
 人と人が出会うこと、つながることがこんなにも勇気と希望に満ちた時間と場になることを新鮮な思いで感じ、力が湧いてきました。ひとりではないと確信することができ、こんなにまっとうでまじめな市民が多くいることをもっとまちづくりに活かさなければ!!まさに「もったいない」以外の何者でもない。