マラソンがとても流行っているみたいですけれど・・・

2011年2月12日 13時08分 | カテゴリー: 活動報告

雪が降り湿度80%超え、体が楽になりました✿

お気に入りの雛人形と短冊
お気に入りの雛人形と短冊
 最近どの時間帯も男女問わず年齢問わずたくさんの人がジョギングしている姿を目にします。いつからこんなにブームになったのでしょうか。実は私は1990年にフルマラソンを完走しました!特に熱心に走りたかったのではなく、友人が誕生日プレゼントとしてエントリー代金(多分3000円くらい)を払ってくれるといういわゆる余計なお世話なサプライズでした。「なんで私が走らなきゃいけないのー!?」10月が私の誕生日で、忘れもしない平成2年3月4日が大会日です。年内はとても練習をする気にならずやっと重い腰を上げ観念して走り始めたのが正月明け。もともと長距離、短距離とも走ることはそれほど不得意ではなかったけれどフルマラソンとなれば話は別です。
 赤坂に住んでいたので私の練習コースはなんと迎賓館の周り。約3、3kmでアップダウンがあるし、緑もたくさんある大変気持ちの良いコースです。あるきっかけでお友達になった金哲彦君が信濃町に住んでいて、朝電話をかけると練習に付き合ってくれていました。金君は私より3つ年下で早稲田大学で箱根駅伝の山上り5区の区間記録保持者で、その当時リクルートに勤めていました。本来ならド素人の私なんかと走っていただける方ではないのですが・・・。「苦しくなったら腕で走る」「苦しいときはみんな苦しい、練習量が自分の自信になる」など走りながら教えてくれました。おかげでビックリ、4時間4分28秒で千葉佐倉の(最初で最後の?)初マラソンを無事走り終えることができました。走っている間は「なんで走り始めちゃったのかな、早く走り終わりたい」という不純な気持ちでいっぱいでした(‾▽‾;)。その年の暮れ、狛江に越してきてよく多摩川の土手をジョギングしていましたが、近頃のあまりのマラソンブームにあまのじゃくな私は気持ちが向かなくなりました。
 温灸師として警告したいことがあります。ジョギングだけでなく運動を日が沈んでからしてはいけないということです。人間の心臓は太陽とともに活動をしています。だから夕方からは体を休む方向にして明日に備えてください。暗くなって運動をするのは絶対避けてほしいと思います。おせっかいな私はどうしても気になって気になってひと言。