これぞ、市民力!新しい風補助金を受けた『1日冒険遊び場』に注目しよう

2010年9月30日 12時14分 | カテゴリー: 市民自治(地域力、市民力etc.)・まちづくり

のびのび公園に子ども、大人が200人でいきいき、大賑わい!!

 今週26日、西野川にあるのびのび公園で2回目の『1日プレーパーク』が行われ、200人が参加しました。先月の1回目の西河原公園の盛況を上回るにぎわいでした。
 こんもりした小山の斜面にはブルーシートを敷き、水たまりをつくって(!!)ウォータースライダー。木にはロープをかけてブランコ。土は掘ってこねて泥遊び。(許可を取っていますよ〜)ベーゴマ、のこぎり、かなづち・・・。子どもに遊びに対する真剣さと集中力は見事!こういう場面を目の当たりにすると、“近頃の子ども”なんて存在しないと確信します。外遊びは親子が求めているのに機会が少ないのは“場”がないから!その上、プレーパークは単なるハコモノとは違います。
 お楽しみは『アイス様』!!砂糖や生クリームといったシンプルな材料で、塩と氷で冷やして振って作る。自分の力で必死に振りまくってやっと食べられる、だからただのアイスクリームではない『アイス様』。
 常設プレーパークを狛江に絶対作るというエネルギーに満ちた狛江の若い子育て真っ最中の世代が主体のこの企画は画期的です。親の子育ての孤立を防ぎ、怪我や病気に対してもイージーなコンビニ受診が減り、子どもは体と心がたくましくなること、間違いなしです。夢ですまさない気迫ある活動をしっかり行政もうけとめてほしいです。まずは所管課の職員、百聞は一見に如かず、是非見に行って下さい。

嬉しすぎちゃう私。こののぼり旗もメンバーの手づくりだそうです。