やっとこの日がやってきた!『たばこ1箱400円』の日本

2010年4月29日 17時24分 | カテゴリー: 環境

健康と環境を考えれば時すでに遅すぎ!!ですっ

 実は私はもと喫煙者。であるから余計喫煙者には厳しいのです。1980年代にはバックパッカーとして貧乏一人旅(いわゆる世界の歩き方片手に、みたいな)をしていましたが、その当時から北欧をはじめとするヨーロッパ諸国ではレストランやカフェで、よく「たばこを一本買いたい」と言い寄られた(?)ものでした。24歳でトライアスロンをやってみようとしたのをきっかけにたばこをやめました。たばこを吸っていない方の自分が好きなので、つい他の人もやめればいいのに、と思ってしまいます。 さて、安すぎた先進国日本のたばこの値段。今年10月から4年ぶりの値上げが実施されます。価格のうちの税額の割合はもっと増やすべきですが、JTではたばこは合法的な嗜好品と反発を強めそうです。公共の場での喫煙ももっと規制をしてほしいと思います。個人の嗜好というには煙、におい等吸わない人への不愉快な影響がありすぎます。
 狛江ではまず市役所3階、議員控え室や議場のあるピロティ(?)、また市民体育館玄関前、この2箇所は早めに禁煙としてもらいたいです。

禁煙したら甘いもの?というわけじゃないけどさっさと作った3合分のおはぎは20個以上できました。小豆も煮ましたよ。糖分も調節できますから。