3月議会、予算特別委員会でがんばります!!

2010年2月26日 18時53分 | カテゴリー: 活動報告

おトイレ安心ネットワークマップ〜3年越しで市民の声が形になった

 2007年6月議会は統一地方選挙の当選後、私にとってはじめての一般質問。思い出深い忘れがたいものです。狛江・生活者ネットでは、議会が終わると議会報告とともに皆さんからの一言提案のためのはがきをつけて「生き活きレポート」を作り配布しています。また聞き取りもさせていただいています。そのとき高齢の市民の方から「野川周辺に住んでいるが散歩のときにトイレがなく困っている。トイレマップがあるといいのでは?」との提案をいただきました。さっそく、ネットのメンバーで狛江市内のコンビニやスーパーにトイレを一般向けに貸しているか、公共トイレがどこにあるか調べ、狛江のトイレの空白(?)地帯を地図に示しました。「是非外出支援のためのトイレマップを!!」と訴え、早3年。ひとりの市民のアイディアがやっと実現します。(この間町田などに先を越されながらではありますが・・・)
 昨日は、「手をつなぐ親の会」の地域交流会が西河原公民館で開かれました。福祉作業所がこまえ工房となり、もえぎ、こもれび、こだちの3ヵ所で作られているチュイールやクッキー、アーモンドボール、イチジクのケーキなど見た目もきれいで丁寧で、狛江が誇れるご当地みあげとして、もっともっとアピールしていきたいと思いました。ひかり作業所の手包み餃子はプレーンに加え、しそ、きのことおいしいバラエティーを広げています。同情ではなくおいしいから買う。かわいそうなんて誰も思われたくないけれど理解と共感が必要。みんながいるから世界が成り立っている。そう改めて感じたひとときでした。
予算について興味がある方、市役所で『予算概要』が90円で情報公開できます。

和泉多摩川駅東口すぐのところにある、障害のある人も一緒に働く『カレーショップ メイ』が1周年を迎えました。チキン、キーマ、豆の3種類のじっくり煮込んだ本格カレーはワンコイン500円。食べてみてくださいね。