古成人の私たちは輝く狛江の新成人、703名にエールを送ります

2010年1月11日 16時53分 | カテゴリー: 活動報告

うちは、しっかり鏡開きのおしるこをつくります。

 昭和生まれの私は成人の日というと1月15日がインプットされた世代ですが、今日成人式を迎えた人たちは、正真正銘『平成人』だそうです。晴れやかで、元気な姿が見られました。とにかく、元気に集まれることはいいことだと思います。
 この会場に来なかった多くの狛江市成人諸君、生まれてきたこと、20歳まで生き続けてきたことをじっくりと噛みしめ、自分を褒めてあげてください。時に日常を生きることがずっしりと重くつらく不安なこともあるでしょう。人間外見だけではその人が何を背負っているかはわかりません。でも、どの人も平等に自分に訪れた試練を受け入れ、力強く耐えたり、乗り越える術を与えられています。落胆せずに感謝と希望をもって生きていきましょう。私個人としては、高齢者の方々からたくさんの生きる知恵、パワーとエネルギーをもらうことがしばしばです。老人はすごい!!(NHK「100歳ばんざい」なんか一度観てごらんよぉ)
 生きてるって何だろうと考えたときは、木が風にざわめくのを聴いたり、人が笑ってのを見たり、やさしくされたことを思い出したり、あたたかいお茶を飲んだりしてみよう。ちょっと、自分も笑ってみよう、ちょっと息をゆっくりしてみよう。誰でもどこでもいつでもできることに生きるヒントがあるかもしれないから。