7月12日は、都議会議員選挙の投票日です!!

2009年7月3日 13時31分 | カテゴリー: 活動報告

生活から遠いことに使われている都の税金、都民は納得するのか?

 10年前に介護保険を国民から集めるようになり、かねてからネットが発想していた介護、子育ては社会の仕事という訴えがやっと国でも実現に向けて動き出したかに思えたのもつかの間・・・。命や人間の尊厳を軽く見た、営利主義に染められた介護保険はいったい何のため誰からお金を搾り取っているのか。結局は家族にすべての責任を抱えさせているのが実態なのでは私たちの安心にはなりえないし、仕事や住まいのおぼつかない現実ではその気があっても保険料すら払えない人も出てきます。
 子育ても保育に待機児ゼロを掲げても、保育の質は担保されているのかには対策が進まず、まして保育は本来子どもが主人公のはずが親を働かせるための施策に見えてしまうのは私だけだろうか?(義務教育課程でも、どうしても子どもの視点を大切にしているとは感じられないし・・・。)
 などなど、今政治が、即物的で利己主義な政策であってはならない時代で、それにはネットが粘り強く続けてきたしくみ作りや理念や社会のあるべき姿のイメージを持って政策を実現させなければ、子孫に何を残し、地球はどうなってしまうのか?キリマンジャロに絶対溶けなかった雪はあと20年でなくなってしまうし、『原発で電気』推進派の人は核の廃棄物はどうするというのでしょう。
 そんなこともネットとご一緒に考えましょう!!