エコポイントは政治家と企業のエゴポイントだっ!『あると思います』

2009年6月4日 13時56分 | カテゴリー: 環境

今日から6月議会が始まりました

 写真見てください!!このキティちゃんの弁当箱、色褪せてもないし、絵柄もはっきりしていて傷もない。30年前、私が高校生の時(キティちゃんが生まれた頃)買ってさんざん使ったものです!!
 昔のものは丈夫で頑丈に作ってあって、使うと馴染んだ良さがでてきて、使い込んだものがかっこよくなったりしたものです。大量生産大量消費はもうやめなければといわれて久しいけれど、なんか大きな力が「もっと作ってもっと買わせてがんがん捨てろ」と私たちを振り回しています。たとえ誘惑に負けない人でも、粗悪に作られ、壊れるように緻密に計算されたものに溢れる日本では、修理して長持ちさせる意志を貫くのは相当な努力と根性が必要です。
 2005年に18年ぶりにオーストラリアに行き、ユースホステルに1987年と同じ洗濯機があるのに驚きました。(翌年行ったカナダの友人の家も同じ洗濯機だったことにもびっくりですが!)今の日本では日進月歩の電化製品がひとりの子どもが成人する年月変わらないなんてインクレディブルです。
 資源のまったくない日本がいい気になって使い捨て、技術や知恵を持続可能な低炭素型社会に向って使えてない・・・。その上今度はエコポイントだとぉ〜!!新しい冷蔵庫買える人に国民の税金で投資、優遇するのが景気対策とはお粗末過ぎませんか?日本のオエライ政治家超KY。廃棄される大型家電の環境負荷をどう考えているんでしょう?!無策暴走日本よ、強者の論理ではもうどこにも進めない。
PS ついでに高速道路の1000円均一にも怒り爆発です。アノ5月連休の2週間で恐るべき二酸化炭素排出量が報告されています。脱!車社会。そしてあと5年もすると担い手がいなくなる農業と緑を守る政策を即刻緊急に真剣に取り組むことしか生き残る道はない。