医食同源、冬野菜にお世話になります!!

2009年1月14日 19時29分 | カテゴリー:

医者要らずメニューを教えちゃいます

 「オレってさインフルエンザの予防接種しないの?」と中1の長男に聞かれました。「うちはしないよ〜」そうです!!いまだかつて我が家では誰もそういう類の注射(というよりは医者に行ってない)したことはないんです。
 夏には夏野菜のあふれるエネルギーへの讃歌、冬には冬野菜のしみわたる底力への感謝の気持ちで一杯になりながら料理をしています。春は香りの強いくせのある野菜、秋は滋養たっぷり豊富な野菜ともちろん一年中楽しめます!!
 今の時期は特にしょうがとネギがないと不安になります。長女は風邪っぽくなると必ず『豆腐のあんかけ汁』をリクエストします。簡単なのでみんなも試してください。鍋に水を入れ、沸騰したらカツオ削りでだしをとり、塩と酒、茶色くならない程度のしょうゆで味を調えます。そこに豆腐1丁を切らずに加え(ここからがすごい!)泡だて器で混ぜ、そぼろ状にして青ネギ(三つ葉も可)を入れ、すりおろしたしょうがをこれでもかと加え、水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。食べる時は舌を火傷しないようにネ!
 ポトフ、おでん、寄せ鍋、冬は体の芯からあったまる献立で病気を吹き飛ばしましょう。

カレーにはおろししょうがとレモンの絞り汁たくさん、狛江産の根菜も大活躍。レンコンとカリフラワー、いんげんのホットサラダ。かぼちゃのタルトは蒸したかぼちゃがたっぷり。