ゆず湯とかぼちゃで冬至のつもりが・・・

2008年12月22日 20時11分 | カテゴリー: 活動報告

本日12月議会が終わりました

 今日はうれしい議会最終日?!私は3つ、陳情、意見書、議案に対して討論をしました。緑化基金を維持管理ばかりに使っているのが市民の望むところなのか。また協働労働という就労の創出と地域の再生という今最も求められている自ら出資し経営する働き方の法整備は急がれて当然。『産科医療保障制度』が来年1月1日から始まるに伴い、国保の出産育児一時金が35万円から38万円に引き上げられるのだけど、厚生省の天下りや民間損保会社がからみホントウに紛争や訴訟が減り医師の過失防止や医療の質の向上につながるのか数々の指摘をしました。
 超手短にかいつまんで話してみました・・・。(ちょっと省略しすぎ?)後期高齢者制度については賛成する会派の討論が聞きたかかったし。(まさに文字通り“議会のサイレントマジョリティー”が狛江市議会に存在するんですよ!)
 さて今日が冬至と思い込んでお弁当にはかぼちゃの煮物を入れ、中一の息子には「今日のかぼちゃはいやでもどうでも絶対食べなきゃダメなんだよ〜」と強く言っておきました。そしてゆず湯!!これもお決まりだから絶対なんです!なのになのに!!冬至は昨日だったんですね〜間抜けですが、今晩我が家はゆず湯です!

家に帰ってみると吉野家2008年冬至騒動は続きがありました。小4の娘は朝の会で「昨日はかぼちゃ食ったか〜」との問いに(げっ!私今朝食べた・・・)と無言。息子にいたってはなんと教室の黒板に「今日は冬至なのでかぼちゃを食べましょう!」と書いたんだって・・・「昨日だぞ!」と何人もの友達にいわれたそうです。(当然)私1人では恥はすまなかったというお話はおしまい。写真は相変わらず渋い地味な息子の弁当です。