輝け!!和泉多摩川駅〜狛江のちょっといい話(1)

2008年11月23日 18時08分 | カテゴリー: 活動報告

世の中捨てたモンじゃない!私のパスモが返ってきた☆

 穏やかな気持ちのいい日曜日でしたね。(狛江のわんぱく駅伝も元気に走り終わることができてよかったです。)
 さて私は今日多摩センターに行くために和泉多摩川駅を利用しました。我が家では喜多見、狛江、どこに行くかによって3駅を使いこなして(?)います。時間もあったのでトイレに入りました。がなんとあわてる必要もなかったのに気持ちがせいてしまい、結果パスモを置き忘れたんです。(ナンセンスなこった。)降車駅で事情を話すと「じゃあいいですよ」と料金を免除してくれ、ささやかな温情に傷が少し癒されました(?)
 それからは元気に多摩センター三越前でネット都議の原田恭子さん、民主党の新人候補予定者くしぶち万里さんが『政権交代!真の分権!市民自治』のアピールをするのを地元、多摩市議向井かおりさん、武内よしえさん、町田市議吉村こずえさん、お隣調布市議のドゥマンジュ恭子さんたちといっしょに応援しました。たくさんの幸せそうなカップルや家族の姿はうれしかったのですが、やっぱり“政治に関心がない”意思表示が多く、このままじゃますます強いものが自分たちを守るために私たちの税金を好き勝手に使う日本になるよと心がざわめきました。目覚めよう、強き1票を持つ弱き生活者!!
 「やっぱパスモは便利だから〜」と帰りのために新たに購入。上手に多摩急行で狛江市に戻り、何の期待もなく欲もなく腹も立てず念のため駅員さんに聞いてみると・・・「ありますよ」とすんなり。こっちはチョーびっくり!30代前半に見える男性駅員さん、「そんな悪い人この駅にはいませんよ。のんびりしていて利用者も少ないからハンカチ1枚でも届けにきますよ。」と諭されました〜。嫌な事件ばっかりで私の心はすっかりすさんでいたことに気づかされました。さわやかできっぱりした言いっぷりにもなんだか感動しちゃいました。人身事故、ラッシュの満員電車、酒を飲んでの暴力、家庭のゴミの持込などマナーの低下が実態で勝手にご苦労様とか思ってた私はすこーんとパンチを浴びました。
 議会でも納得のいかないことばかりでもっとまっすぐに隠し事や根回しなしに単純にやれば簡単じゃんと思いつつ、信じることをたやすくしないと努力している毎日で、正直者が報われない、ズルをしたほうが勝ちみたいな世の中で、だからこんないい話をもっと見つけるようにしようと決めました、ヨロシク!