いい塩といい議員、市長を選ぶ“力”をつけよう

2008年6月1日 18時50分 | カテゴリー: 市民自治(地域力、市民力etc.)・まちづくり

敬遠しないで!私たちは塩・・・

 今日から6月。本当は土曜日だったのですが、雨の予報を受け学校が早めの判断を下して心静かに「晴れて!!運動会」を迎えることができました。(何年前だったか、突然の激しい雨に降られ3日がかりでやっとのこと終らした運動会は、尻つぼみで盛り下がりで徒労感いっぱいの思い出です。)
 こちらは毎日駅に立ったり、政策宣伝カーに乗ったり、レポートを配ったり・・・。やってもやっても足りない気がしますが、こっちも生身の人間なので寝たり、ご飯作ったり食べたり、こどもをどついたり(?)の毎日も当然あります。
 ところで、我が家には塩が何種類かあります。でもきっと皆さんにはあまりなじみのないタイプのものかもしれません。いわゆる昔の日本専売公社の塩はうちにはありません。フランスのゲランドの塩、海水塩、真塩、韓国のキパワーソルト。自分で勝手におもしろがって使い分けています。それには少し自分でも調べて知って、積極性と主体性が必要です。塩を控えてとか、嫌われ者で悪役になってる塩、私は違うと思う!(塩に対する私の深い思いはまた別の機会に・・・)で、政治にもっと普通の市民が関心を持ってほしい。じゃないと“がせねた”にふりまわされちゃうぞ!!