新学期発動!あなたはNO!といいましたか?

2008年4月24日 18時12分 | カテゴリー: 子ども

春の気まぐれとともに委員決めも終わりました

 花粉も一通り落ち着き、ゴールデンウィークがちらほら気にかかる季節になりました。今日は中学の委員を引き受けた人の集まり(一斉専門委員会)で教養委員会の“長”をやることになりました。私は基本的にくじ引きやじゃんけんはイヤなのでそうなる前に手を挙げてしまいました。人間は意志と知性のある動物です(のはずです)。ならばなるべく受身やましていやいやではなく、自分の決断で気持ちよくスタートしたいと言うのが信条です。(でもこれって一般にははやらず結構墓穴を掘ることになるんだよね〜でも懲りない・めげない)
 人が好きだから、こういう機会にまた新しい知り合いができるのも楽しいんです。だから今狛江に来てからは子どものおかげで地域に馴染んで暮らせているのかもと思うと、恩返しの意味も、ね。1年間一緒に活動すると親しさも100倍!!
 特にやきもきさせる息子の中学校生活の始まりは私たち夫婦にとっても緊張の連続で(長女のときはどうしてたんだろう!?)、ため息と胃痛の毎日です。(なにせここだけの話ですが・・・やっぱりプライバシーと彼の将来の名誉のためやめておきます。ただ親として「あの○○くんがねぇ」といわれるようになるのを切望しつつ)だから“恩返し”と言うよりは長男で迷惑かける(?)“お詫び”が本当のところかな?
 ともあれ色々始まる4月、東京ネットでは「子ども部会」のメンバーになり、特別支援教育や不登校を含む子どもの放課後のすごし方をテーマに決め、ここでは役につかずにすみました?さすが生活者ネットワークは究極のNOといわない人の集まりだね。

今日は合間にかぼちゃのタルトをつくりました。1986年設立当初から支援している「パレスチナ子どものキャンペーン」の刺繍のコースターと案内はがき。