田島征三さんの個展に行ってきました!!

2008年3月6日 19時26分 | カテゴリー: 活動報告

三鷹の“ギャラリー由芽”でオープニングパーティーに乗り込んだ

 私は絵は描かないのに、かれこれ20年以上前から田島さんとのお付き合いがあるんです。(どう知り合ったかはまた次の機会にお話しますね〜)ずっと多摩の日の出町でヤギを飼ったりしながら暮らしていましたが、巨大なごみ処分場ができることに反対して運動を起こし激しく活動していました。その最中に胃がんになって(焼却灰が発がん性があると言われ、この地域ではがんの発症率が高いのです。もちろん行政側は認めていませんけど!)それからは住まいもアトリエも伊豆高原に移して、また精力的におもしろいことをやりまくってます。
 今は新潟の六日町の廃校になった小学校に征三美術館を作ろうとしています。これもエキサイティングな試みで、とても孫のいる70歳にもなろうかと言う人とは思えない!!こんな風にいつもこの人の強くて自由な生き方に刺激をもらってきました。征三さんや忌野清志郎、坂本龍一とか歳に関係なく時代にも流されず、まるで怖いものなんかないみたいに生きられるのはアートな世界の特徴なのかな?
 私のいる狛江市議会は・・・誰も信じられなくなりそうな、腹の探りあいと詭弁と言い訳と嘘が渦巻く、非独創性に満ちた世界です。己を知らないダメ人間にならないためにも、たまにはこんな人たちと一緒に過ごす時間を持とうっと。