七草粥はちゃんと食べたかな〜?

2008年1月7日 16時48分 | カテゴリー:

新しい年は新しい自分で始めます!!

 年が改まったからといって自分が変われるわけではないのにまるで新しい自分が生まれたみたいに清々しくなれるのが新年の魅力!我が家ではすでに恒例になりつつある鴨川の友達のリゾートマンションで、三家族合同の年末年始を過ごしました。自宅の大掃除をすませて、何品かだけおせちを作っていざ千葉へ。あとはすべてワイワイと手分けして流れるようなチームプレイ(?)で“お正月”を創り出します。年越しそば、年長者から始めるお屠蘇、伝統のおせち。(やばっ!今年は田作りを作り忘れた!!)
 私の祖父母が生きていた頃は、親戚が(いとこやその配偶者や子どもも合わせて)30人ぐらいドヤドヤ集まって過ごしたものでした。核家族化が進んでいる今、気の合う“他人”と一緒というのもとっても盛り上がります。他の家庭の味にふれたり、友人の手によって昨日のおかずがムダなく違うメニューに変身したり、お行儀や好き嫌いを他人に叱られたり、お手伝いを頼まれたり。食事をともにし時間をともに過ごすと、家族だけでいる閉塞感から開放される一方、子どももおとなも裏表のある人間ではいられなくなります。
 最近家族で海外旅行をしはじめました。オーストラリアではユースホステルでしたが、カナダ、フィリピン、ドイツでは友達の家に泊めてもらいました。(私って人を寄せるのも好きだけど、人にお世話になるのも大好きなのだ〜!)
 いろんなところでいろんな風にいろんなひとたちと一緒にごはんを食べることで子どもたちと食育と文化、その上国際交流まで楽しめる、なあ〜んて・・・でもやっぱり私のお勧めです!