8月15日に記しておきたいこと

2007年8月15日 23時41分 | カテゴリー: 市民自治(地域力、市民力etc.)・まちづくり

これこそ満身創痍の三度目の正直な・る・か!!

 また、白紙になってしまった。私はパソコン、ケータイ、ホント言うと電話機やカメラなどいわゆる便利な電化製品に弱いんです。使える機能がたくさんあっても単純なメインの操作しかできないんです。今回のホームページ入力は三度目、二回ともほぼ完成状態で一瞬のうちに私のもとから消えていった・・・。(一体私はどこを押してしまったんだああ。返せ!私の時間と労力。何時間費やしいてるかは名誉のためにいえませんが、腰と目と肩がたいそう痛んでいます。)戦争と平和に関しての私のまじめで深い思いをつづってる内容でした。だってそうでしょう!今日は戦後62年目なのに日本では朝日新聞の一面には記事がないのです。政治家もマスコミも信用できないなら、市民が声を出すしかないでしょう。「あの時代は仕方なかったんだ。」「みんな必死だったんだ。誰も悪くない。」なんてコトバは聞きたくもい!!
 今はパソコンさんが怖くてびびりながら(手にも心にも汗をかきながら)打っているところです。だから文章に勢いがなくてすみません。もう今はブラインドタイプなんてどうでもいいんです。早く打ち終わって送信したい・・・本当にそんな夢のようなことがかなうのか心配です。
 今朝は4時に起きて暑くならないうちに「生き活きレポート」を配りました。新聞を取るときに皆さんの目に留まってくれるように祈りながら・・・。その後はいつものラジオ体操の神社に行くとみんなが境内や周りのお掃除をしてたので参加しました。お世話役をしてくれているのが、年配の人ばかりなのが気になりますが、丁寧にいい表情でなさっていました。地下水の湧き水の冷たさがありがたく、口々に「うちも水撒きは地下水よ。」などのおしゃべりも楽しかったです。
 あまりにも突然、私の思い(原稿)が目の前からさらわれたので、「えらそうに語るな!!」と天からいわれているんだと反省しました。ところで、子どもたちは夕食はどうしたんだろう。(下の二人は食事抜けても平気なんだよなあ、けっこう)私は何の因果か、今晩は夕食なしです。こうして、わけのわからない一日が終わります。でも、意外に忘れられない日になってたりして・・・。何はともあれ、今日は終戦記念日で時間は経っても私たちが忘れてはいけない日だし、戦争は普通の人を非人間にしてしまう・・・その状態にいったんなってしまえば誰もがもうどうしていいか、ただ巻き込まれてしまうだけ、その無力さ。だから平和のうちにもっと平和の尊さを学んで守り続けたい!!みんなで語りましょう、聴きましょう、人がいかに時代の流れに目を凝らして注意深く選び取りながら生きていくかについてを。