ミステリー“市議会”ツアーへようこそ!!

2007年6月22日 20時44分 | カテゴリー: 市民自治(地域力、市民力etc.)・まちづくり

初めての一般質問、無事(?!)終わっちゃいました

 吉野芳子のホームページを愛読して下さっている皆様、ありがとうございます。な・の・に!報告が遅くなってしまいました。去る6月15日(金)、中学校給食を安心安全なものにするために、また、外出支援のためのトイレの充実とネットワークづくりについて質問しました。ひとりの議員の持ち時間は80分、私は残り時間9分までねばって行政とやりとりをしました。ただ文句を言うとか責めたりするのではなく、市民のアイデアや知恵、他の自治体の事例などから学んで、具体的な提案をしていきたいのです。
 今回「傍聴ツアー」を企画しました。初めて議場を見た人、傍聴席にすわった人がどんなミステリーをみつけたのでしょう。知りたいですね。私という等身大の議員が生まれたことで市政を身近に感じてくれる輪が広がってくれることが楽しみです。政治、あきらめないで!関心(監視?!)が大事!
 さて、私は「まな板のコイ」で登壇した時、頭はまっしろ、集中!緊張!極限状態。何せ初めてなので・・・。でも今度の改選で新人議員は22人中8人、女性は22人中8人と、新しい風が吹いていることは確かです。「慣れたらあかん!」という心の声を大切にします。初心忘れるべからずを肝に銘じます。選挙中訴えたこと、約束を守りたい・・・嘘つきになるのはいやなので。
 暑い日でしたが、まだ冷房が入っていませんでした。うちわは必需品!!スリッパも着席中なら使用可!!—でもあの、議長席と登壇した台の右脇にある“水”と“おしぼり”は・・・いつ、誰が使うの?!うっー・・・知りたい!いつも水とおしぼりが給湯室にある冷蔵庫で冷やされていたんです。誰か今までにあの水を飲んだ人はいるのですか?。・・・ミステリー〜きゃああ

初めての一般質問は次の内容で行いました。
1.中学校給食を安心・安全なものにするために
(1)中学校給食の食材の安全性への取り組み
(2)中学校給食のからだと環境への負荷を減らす取り組み
(3)給食時間について
(4)説明会での意見の反映

2.誰でも気持ちよく外出できるために—トイレの問題
(1)公衆トイレについて
(2)外出支援としてのトイレネットワーク
(3)トイレマップ